紙飛行機(日本語)


紙飛行機 (Japanese version from Paper Plane)

私にとって人生は紙飛行機みたい。どんな紙飛行機でも自由に作れるだろう。そして、この紙飛行機は私達の強さに応じてどこまでも飛べる。人生もそうみたいと思う。どんな人生が欲しいか、自分で決める。幸せかつらいか、私達の決定に応じて起こる。そう風に吹かれ、揺られながら、小さな翼で飛び続ける。紙飛行機ができるなら、人間もできるはず。日が思い通りにならないなら生き続けるだけ必要だ。すでに起こったこと嘆いても無駄だ。

もしこの紙飛行機が人間のように話せるなら、「どこに向かうのか、どこまで行けるか。」などの質問するかもしれない。人間もそうみたいだろう。新しい状況にいるなら、不安な気持ちがする。しかし、「敷かれたレールより、夢があるだろう」と自分に言ってる。大声で泣いても、もがいても、足掻いても、誰も見上げない。落ちてしまえば、「ただの紙切れ」になれば、壊れる前に拾われた手でもう一回投げろ。他の人の嘲りを気にせずに、ただ進むだけだ。だからこそ、紙飛行機のような人生を自由気ままに進む。

メガ.クリスタンティ

Advertisements